2月9~10日の釣果

9(土)~10日(日)、宇治群島1泊2日の釣果です。 
水温14.6~13.5℃、先週に引き続き14℃台の低水温ですが安定したお陰でクチブトの活性がやっと本格化してきました。沖磯は渡りサイズ主体ですが釣る人50枚。地回りは数はやや落ちますが釣る人は40前後の良型を主体に30枚。平均的に20~30枚釣れ釣果もやっと安定! 
尾長も宇治群島らしい釣果になってきました。最大で61㎝を頭に釣る人6枚。型は50~57㎝が主体でしたが平均的に釣れており、なおかつ大型の尾長が見えたり、何発飛ばされたか分からないなど大型の群れも入ってるようです。ポイントもワンドから沖磯までどこでもチャンスはあるようです。今年は例年よりタナが浅い様で大体2ヒロ~4ヒロでの釣果が多かったようです。
船からは低水温のためカンパチは不発でしたが、最後の最後に35㎏のアラが出ました。初めて見るサイズなので40㎏以上あると騒いで申し訳ありませんでしたが、見事なアラでした。エサはイカの泳がせで、今回、いつもの50mラインでの反応が悪く、80mからの落ち込みでオモリ500号で無理やり止める釣り方が当たりでした。このクラスのペアがもう1匹居るはずなので次回に期待したいです。

P1020437.jpg

P1020440.jpg

P1020441.jpg

P1020446.jpg

P1020447.jpg

P1020448.jpg

P1020449.jpg

P1020450.jpg

P1020452.jpg

P1020442.jpg P1020443.jpg P1020444.jpg

P1020445.jpg P1020451.jpg P1020443.jpg



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード