1月4~5日、6日の釣果

1月4~5日、宇治群島1泊2日、6日の日帰りの釣果です。 
水温17.5~20℃、4日は水温も17.5℃と安定していましたが肝心の潮が動かず釣果はムラ有り。クチブト10~30枚と数はイマイチでしたが型は40後半のサイズも混じり、例年より一回り良い感じです。まだまだ体型がスリムでかなり遅れ気味な感じです。
尾長も本調子ではありませんが60サイズを浮かしたとか明るい材料は少しずつ聞こえる様になりました。
底物は意外にも活性が高過ぎ。ガンガゼ80個が1日持たない場所もあり、こちらもムラが激しいようです。型は小型ながら釣る人5枚。バラシも2か所あったり雰囲気は良さそうです。
船からは尾長1枚と五目釣りは不調でしたが、泳がせのカンパチが好調。8~15㎏クラスが釣る人5本。バラシも多数ありエサが確保できれば100%の確率で掛かる感じです。多分、磯からも狙える距離なのでチャレンジしたら面白いと思います。その際、ワイヤーハリスは極端に食いが悪いので60~80号のナイロンがお勧めです。
6日は水温20℃と一気に2.5℃も上昇し、クチブト釣る人20枚でしたが型も1回り小さく、エサ盗りも増え最悪。尾長の当たりも少ない1日でしたが、今年初の大型、61㎝の尾長が上がりました。
底物も相変わらず魚の活性が高くエサが持たないそうです。今度の潮で状況は良くなると思うので上物、底物共に期待したいです。

20130105.jpg

P1020411.jpg

P1020409.jpg

P1020410.jpg



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード