12月29日、31日、1月2日の釣果

明けましておめでとうございます。本年もサザンクロスをよろしくお願い申し上げます。
12月29日の1泊の釣果、1月2日の釣果です。31日も出ましたがの夜中撤収のため写真はありません。

まずは29日から。水温18.5℃。尾長53㎝、クチブト釣る人20~25枚。石鯛、イシガキは釣る人で11枚。ほかにアラ7㎏が上がりました。

31日は水温17.5℃。尾長50㎝、クチブト釣る人30枚。石鯛、イシガキは3.5㎏を筆頭に8枚。

1月2日は水温17.5℃。尾長53㎝、クチブト釣る人60枚。石鯛、イシガキは3㎏筆頭に釣る人2枚。

水温も17~18℃に安定し少しずつ尾長、クチブトの反応も良くなって、29日はクチブトは見えるけど口を使わないと皆様悩まれてましたが、2日の釣行にはほとんどの場所での反応が良く安定して釣れてました。ただ尾長が肝心の夜釣りでの反応が悪く、日中に活性が高いためバラシが多く釣果と繋がらないようです。今年は1級磯よりもワンドのポイントで60㎝クラスが湧くそうで、2日はほとんどの風裏ポイントで尾長の反応があったようです。型も良型なので、尾長が回遊して来たときは1ランク上のタックルも用意した方が良さそうです。
サメ島周りなども尾長は見えるので次の潮で状況は変わると思います。
あと、特にシーズン初めはマキエの量と釣果は比例しますので、集魚剤はなるべく入れずオキアミの自然解凍とアミ少々をベースに多目に用意した方が良いと思います。
仕掛けも離島なので多少重めのウキを用意した方が良いと思います。どちらかといえば、食わせるよりも仕掛けを馴染ませる方が釣果に繋がりますので参考にして下さい。

次に底物は29日に道糸30号が飛ばされたり、途中まで浮かせてハリハズレとか相変わらず大物の気配が漂っています。2日の釣行は、潮がまったく動かず釣果は最悪でしたが、水温が下がってイシガキよりも石鯛の比率が多少高くなってる状況です。エサは1月いっぱいは白ウニ、ガンガゼで良いと思います。

P1010822.jpg

P1010823.jpg

P1010831.jpg

P1010838.jpg

P1010840.jpg

P1010846.jpg

P1010824.jpg P1010825.jpg P1010826.jpg

P1010827.jpg P1010828.jpg P1010828.jpg

P1010832.jpg P1010835.jpg P1010837.jpg

P1010841.jpg P1010842.jpg P1010843.jpg

P1010843.jpg P1010844.jpg P1010845.jpg



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード