5月18日の釣果

鷹島、津倉瀬の釣果です。水温20℃前後。水温が上がりきれず潮も相変わらず下げ潮の一方通行。それでも絶不調から少しずつ明るい兆しが。潮が決まれば尾長もチラホラ日中見えるようになってきました。日中に集中してるのでバラシも多く、50㎝前後までは平均的に釣れてます。
石鯛も魚はいるけど本当たりまで行かず、1人3~5の釣果。潮が決まれば2ケタ釣りも十分期待出来るくらい魚はいる感じです。
上物、底物共に最近良型に恵まれず次回に期待したいです。

IMG_1391.jpg

IMG_1395.jpg





ゴールデンウィークの釣果

ゴールデンウイークの釣果です。
水温20~22.5℃、上物、底物、船釣りと状況は厳しく、とにかくサイズが上がリませんでした。ここ2週間、ずっと下げ潮で潮さえまともに動けばまだまだ釣果は見込めると思います。尾長は最大50㎝、釣る人2枚。クチブト釣る人30枚。石鯛は最大58㎝で釣る人5枚。とにかく潮周りに期待!

IMG_1375.jpg

IMG_1374.jpg

IMG_1372.jpg

IMG_1371.jpg

IMG_1369.jpg

IMG_1368.jpg



4月20日、22~23日の釣果

4月20日(木)津倉瀬日帰り 、22(土)~23日(日)宇治群島1泊2日の釣果です。
津倉瀬は水温17.8℃、今シーズン初は下げの激流、一方通行と厳しいコンディション。それでも尾長は最大57㎝、50前後サイズを釣る人5枚。不思議とクチブトがイマイチ釣れずあまりり良くない状況でした。底物も食いが渋く針ハズレなど食い込みが悪くイシガキ2枚でした。当たりはあるので魚は入ってると思います。
宇治群島は水温20℃、津倉瀬同様、下げ潮の一方通行。前回とさほど水温も変わらず期待しましたが尾長はまったくダメ。クチブトもあまり釣れないと今シーズンワーストな釣果でした。宇治群島に限らずどこのエリアも釣れておらずよっぽど悪い潮周りの様です。底物は釣る人10枚でしたが全般的にイマイチ。エサは赤貝。尾長に関してはまだいけるので次回に期待。単発ながらシブ鯛も上がりました。

IMG_1345.jpg

IMG_1348.jpg

IMG_1349.jpg

IMG_1351.jpg

IMG_1352.jpg



4月13日、15~16日の釣果

4月13日(木)日帰り、15(土)~16日(日)、宇治群島1泊2日の釣果です。
木曜日は水温17.5℃、尾長は最大55㎝止まり。数は6枚と日帰りの釣果としてはまずまず。クチブトも釣る人30枚。全般的に釣れるようになって来ました。
土日は一気に水温20度℃まで上昇。尾長、クチブト共に全く反応なく、おまけに下げ方潮と水色悪し最悪な条件でお手上げ状態。船からも船中2枚しか尾長は釣れませんでした。
底物も厳しく、石鯛、イシガキが3~5枚でした。この水温がまた安定すればまた釣果も見込めると思います。木曜日に船からシマアジ6kgが出ました。後2発当たりましたが物が大きいだけに針ハズレと針が伸ばされたそうです。残念。

IMG_1321.jpg

IMG_1328.jpg



4月8~9日の釣果

4月8(土)~9日(日)、宇治群島夜釣りの釣果です。
水温17.5℃、 前日のしけのため土曜日のお昼から出港。思ったほどウネリも無く多少霧雨がありましたがまずまずのコンディション。雨の影響で水潮状態で水色も悪く期待薄いと思いきや63㎝や60㎝など良型ばかりを釣る人7枚。場所によって型は大小ありますが数が出たポイントがもう1か所ありました。参考にまで、タナは2ヒロで瀬際オンリー。撒き餌は通常1泊2日でオキアミ20枚、しかも夜のみ。闇夜の時はアミエビを多少混ぜるそうです。クチブトは今回はイマイチ。ワンドじゃないと活性が低い感じ。
底物は今回誰もいませんでした。船は1人で、尾長63㎝を筆頭に7枚。内60センチ4枚。船釣りも渋く1時間に1枚といった感じでした。私なら心がおれ間違いなくボーズと思います。やはりこの時期は磯、船問わず粘ることが重要と改めて感じました。

IMG_1312.jpg

IMG_1315.jpg

IMG_1316.jpg

IMG_1310.jpg

IMG_1319.jpg



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード